目の下のふくらみでお悩みの方は優秀な美容外科に依頼しよう

顔のアップ

目の下のたるみは脂肪除去手術が有効

リラックスタイム

加齢とともに、目の下にはたるみやふくらみが目立ってきます。メイクやマッサージではなかなか改善しません。目の下のたるみは、目の下のたるみ手術である脂肪除去手術が有効になってきます。
目の下のたるみやふくらみの原因は、眼球の下の脂肪がはみ出してくる眼窩脂肪です。下まぶたのふくらみは目袋とも呼ばれています。脂肪除去手術は、下まぶたのふくらみである脂肪を取り出します。まぶたの裏側から取り出します。くまやたるみに効果があります。皮膚を傷つけないので、術後の腫れは少なめです。
脂肪除去手術では、まずくまやたるみの状態を確認します。切除する脂肪の部位をマーキングし、どれだけ脂肪を取り出したらよいのか決めます。切除箇所は、下まぶたの裏側になります。局所麻酔を行ってから、下まぶたを裏返します。結膜部分を1cm程切開して、眼窩脂肪を押し出し、くまの原因となる脂肪を切除します。傷が目立たないことが目の下のたるみ手術メリットで、それほど時間はかかりません。マーキングするところから切除までは約30~40分程度で終わります。体に負担が少ないので、年齢を気にせず行えます。
目の下のたるみ手術は、美容クリニックへ相談します。手術自体は短時間で済み、傷が少ないので、簡単に行うことができます。