子供の教育費が不足しキャッシング

わたしが最初にお金を借りたのはショッピングカードでした。
ショッピングのみに使用していたのですが、子供の教育費が不足しキャッシング枠に手をだしてしまいました。
もう10年以上も前のことなのですが当時で100万限度枠でした。
最初は2万ぐらいから始まりリボ払いでやっていましたが、どんどん借りる金額も麻痺してしまい気づいたら限度枠に届くような感じでした。
丁度そのころ、家を新築する話になっていて家のローンを組む時に、そのカードでの借金も返済する形をとり、二度とカードローンに手をださないと固く心に決めて現在に至ります。
多分家を新築することが決まらなければ、返済に困っていたと思います。
お金はあることにこしたことはないですが、お金が消える人と溜まる人にはマインドの部分で大きく左右されることをその後色々著書などから学びました。
現在はキャットングできるカードも持ってはいますが一切使うことなくネットショッピング用に使用しています。
ポイントが溜まるからです。
銀行での自動借入枠もありますがなるべくマイナスにしないよう心がけています。
万が一不足で仕方なく少しマイナスに通帳がなっても翌月には戻しいれるようにしています。
安易に借りる事を考える思考を捨てないと結果としてお金は逃げていきます。
活きたお金の使い方をするべきです。

私は20歳になってすぐに消費者金融に手をつけました。
最初は軽い気持ちと安易な考えで すぐに返せばいいや と思い借りました、ですがネットで調べたり 仕事の先輩に話を聞いたり友達に聞いたり…そんなこんなで消費者金融の事を理解した時にはもう遅く、軽い気持ちといい気分が一瞬にして後悔に変わっていきました。
何をするにも行動を起こすことは誰にでもすぐてきる、でも考えが及ばずいまの結果になってしまっています、仕事もしていた 嫁もいた 不満な事などなかったのにいきなりお金が増えてギャンブルに走って依存してしまった。
そのギャンブルで勝てば返す、負ければ借りる、その悪循環は中々治りません 今も治りません、いっときの金に余裕が出た時のワクワク感で借り続けていたのがバカらしく思えるし、嫁の親や自分の親にも見放されています、あんな所で借りていなければ今頃どんな生活をしていたのかと思うとこの先の不安と自分に対する苛立ちが募っていくばかりです。
今もまだ自分とギャンブル そして消費者金融との闘いは続いていますが、自分で撒いた種です、最後まで後始末をつけるつもりでいます、当たり前の事ですが私にとってはとても大変な事です、そしていつか全額返済できるように今を頑張ります。